<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あけましておめでとうございます。 | main | PORTFOLIO の絵、更新。・・と、作品と本人の相似 >>
平面の人


先月、すごく忙しい最中、ミニバッグを作る某ワークショップに参加した。
・・といっても手取り足取り教えてもらうようなのではなく
材料が用意してあってとにかく自由につくる、というもの。
最初に自分のつくりたいものの絵(デザイン)を描き、使いたい材料を選ぶ。

モチーフは決めてたから(怪獣ね)絵は5分もかかってないが
不器用な私に2時間半でバッグがつくれるはずもなく・・・
使いたい材料を仮止めみたいにとにかくバッグ本体にくっつけて帰り、
家で仕上げたのがこれ↑

これはこれでなかなかええやんか、って一瞬自画自賛したけど
見ていていろんな思いが湧いて来た。

他の人は、バッグ本体(水色部分)の形を変形させたり、
立体的に飾りを作ったり、
持ち手もただのひもじゃなくてそれ自体が何かの形になってたり、
・・・なんかとにかく「立体」なのだ。
(もちろんそうじゃない人もいるけど)

それに比べると、私は・・・
結局、「布で絵を描いてる」んだな、と思った。
・・・と言うとカッコよく聞こえるが
要するに「平面」なのだ。
ああ、私ってやっぱり平面の人だな・・・と改めて思った。

それと、気になったのが「縫い目」。
家でやり直した縫い目よりも、会場で死にものぐるいで(?)
とにかく仕上げなきゃ〜!!とざくざく縫った縫い目のほうが、
「勢い」みたいなものがあった。
とんでもなく雑といえば雑だったけど・・・
でも中途半端にきれいなのよりも、なんだか良い味があった。

あと、これ言っちゃうとなんですが正直な話、
会場には色んな変わった面白い布や綺麗な布がいっぱいあって、そういうのを使えるからなんとなくカッコいい感じに出来るのであって、
そういう「良い素材」がなければ
いいものをつくるのは難しいかもしれない。
コラージュと同じで。

ちなみに
デザイン画(?)は、これ↓
当たり前だけど、やっぱり絵のほうがいい感じ(笑)



そんな
「平面の人」であるが、結構楽しかったので
もうちょっと修行して
今後に何か活かせたらなー、と思っている。
(なーんちゃってただやってみたいだけ 笑)











COMMENT









Trackback URL
http://blog.yoko-tsuji.com/trackback/56
TRACKBACK